2021/12/13
社長になるには何が必要?基礎知識と手段を紹介

社長になるには様々なパターンがあり、必要な要素もいくつかあります。
今回は、社長になるために必要な基礎知識や手段を紹介します。
起業以外でも社長になるチャンスはあるので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

  1. 社長になる方法【4パターン】

    社長になる方法として、4つのパターンを紹介します。

    [1]起業する
    まずは一般的にイメージしやすい起業で社長になるパターンです。
    手順は以下の通りです。
    (1)商号(会社名)や本店所在地、事業目的や基本金、決算期の決定する
    (2)発起人の印鑑証明書や会社印鑑の準備を行う
    (3)定款の作成を行い、認証してもらう
    (4)資本金の払い込みをする
    (5)登記申請書類一式の作成と申請を行い、納税(登録免許税)する

    法的手続きをクリアすれば、誰でも社長になることは可能です。
    ここからは起業以外のパターンをみていきましょう。

    [2]一定以上の規模がある企業に就職し、子会社の社長に就任
    子会社とは、親会社から過半数以上の出資を受ける別会社です。
    親会社で評価され出世することで、子会社の社長に就任できます。
    正当な評価を得られる会社なら、若いうちから子会社の社長に就任も可能です。

    [3]出世する
    働いている企業で評価され出世して社長になる、一般的に広く知られている方法です。
    会社によっては学歴や派閥、年齢や性別、運も出世に関係します。
    会社の規模が大きければ大きいほど、社長になるのは狭き門です。

    [4]世襲で会社を継ぐ
    親族経営の会社で、世代交代などによって社長に就任します。
    実力がなくても社長になれますが、会社の継続には実力が必要です。
    時期社長はあらかじめ決まっていることが多く、親族でなければ社長になれない会社もたくさんあります。


    どんなパターンであれ、社長になるにはあらゆる知識や能力が不可欠です。
    次章では、社長になるために必要な4つの要素を紹介します。

  2. 社長になるために必要な4つの要素

    社長になるためには、以下の4つの要素が必要です。

    [1]経営知識
    社長の一番重要な仕事は会社の存続と発展を担うことです。
    そのためには以下の理解が不可欠です。
    <行動原理の基本知識>
    ・顧客の創造
    ・経営の仕組み(利益追求)
    ・会社全体を考え、何に責任を持つべきか決定する
    <会社成長の基本知識>
    ・経営管理(数字の把握)
    ・営業販売(付加価値の研鑽)
    ・人事組織(社員教育)

    [2]コミュニケーション能力
    事業には、関わる全ての人とのコミュニケーションが欠かせません。
    健全な経営のためには、取引先と良好な関係を築くだけでなく、社内のコミュニケーションによって、人材育成や働きやすい環境づくりを行う必要があります。

    [3]プレゼンスキル
    コミュニケーションのほかに、商品や会社の魅力を、具体的な数字や誰もが分かる表現を用いてわかりやすく伝える技術も必要です。
    トップとして、社内外問わず相手の心を掴んで引き込むスキルが求められます。

    [4]論理的思考
    経営には現状理解と状況予測が不可欠です。
    目先の物事や感情に左右されない思考が、長期的な成功の基礎となります。
    戦略を継続的に管理、修正するために、PDCAサイクル(Plan:計画→ Do:実行→ Check:評価→ Act:改善)を回して計画を推進し、反省と対策を繰り返しながら今後の予測を立てることが大切です。


    社長になれる絶対的な条件はありませんが、少なくとも上記4つはトップに立つために必要なスキルばかりなので、意識的に身に着けるようにしましょう。

    続いては、社長を目指せる環境の一例を紹介します。
    起業自体は一人でもできますが、マネジメントスキルを磨いたり、人を動かしたりと、組織の中でしか培えない経験はたくさんあります。
    次章では、社長の第一歩となる要素が幅広く学べる環境として、年齢・性別・学歴など全く関係なく、誰にでも昇進のチャンスがあるラグジュアリーを見てみましょう。

  3. ラグジュアリーには誰にも平等にチャンスがある

    ラグジュアリーには、トップを目指す人を全力で応援する制度や風土があります。
    そんなラグジュラリーの充実した制度や研修、フォローアップ体制を紹介します。

    【制度】
    ■昇格マッハ1!
    「出る杭は伸ばす」をモットーに、仕事の成果が給料に反映されてキャリアアップに直結する、徹底的にクリアでシンプルな評価制度
    ■L-1 AWARD
    四半期に1回、営業成績ランキングに基づいて優秀者を表彰し、高いモチベーションを保つことができるイベント

    【研修】
    ■外部研修
    目標を達成する力を身に着けます。
    ■知識研修
    最新の情報を把握し、自社商品の魅力と知識を深めます。
    ■営業研修
    本当の魅力を伝えお客様に選ばれる営業スタッフを目指します。

    これらの制度や研修を活かし、プレイヤーの枠を飛び越え、幹部として会社経営に携わり、ゆくゆくは社長となる人材が育ってくれることを願っています。
    ※他の研修や詳細については、【こちら】をチェックしてみてください。

  4. ラグジュアリーでトップを目指そう

    やる気をもって努力し続ければ、必ず実を結べると信じているのがラグジュラリーです。

    上を目指す道のりは、決して平坦なものではないかもしれません。
    それでもラグジュアリーは、「社長になりたい」というあなたの覚悟を、達成したい目標を全力で応援したいと思っています。

    ラグジュアリーは、成長企業だからこそ新たなポストがあり、実力を正当に評価するからこそ自分次第でどこまでも昇っていけます。
    そして何より、本気で切磋琢磨し合い、人生を全力で楽しめる仲間がいます。
    中には、入社から6年でアルバイトから役員にスピード出世し、あなたと同じように社長を目指す志の高いスタッフもいます。

    あなたもラグジュアリーでトップを目指してみませんか?
    ぜひ、あなたのエントリーをお待ちしております。