2021/10/11
仕事で成果を出す!デキる人の5つの心得

仕事で成果を出して、デキる人になりたいと思いませんか?
実は、仕事で成果を出したり、デキる人になったりするにはコツがあるのです。
今回は、仕事で成果を出すために重要な5つの心得から、方法や実例までまとめて紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

  1. 「仕事がデキる人」の5つの心得

    「仕事がデキる人」の5つの心得は仕事で成果を出すベースです。
    仕事で成果を出すことは、結果を出すこととは違います。
    結果は良い場合も悪い場合も関係なく必ず出るものですが、成果は良い場合にしか出せません。

    経営学者のP・F・ドラッカーは、「成果をあげるには貢献に焦点を合わせなければならない」という名言を残しています。(参照 ダイヤモンド社『プロフェッショナルの条件』)
    仕事で成果を出すとは、自分をマネジメントして会社に貢献することなのです。

    では、5つの心得をそれぞれ見ていきましょう。
    ■明確な目標を持つ
    ・明確な目標を持つことによって、やるべきこと、やらなくてもよいことがはっきりする
    ・目先のメリットや利益だけを見るだけでは明確な目標は達成できない
    ・目標に対して自分がどの程度できているか振り返り、試行錯誤することが成長につながる

    ■優先順位を付ける
    ・優先順位を付けることで効率が上がり、成果が出やすくなる
    ・優先順位によって、時間やコストのかけ方を変えるなどの工夫ができる

    ■効率を意識する
    ・効率を意識することが成果を出す近道になる
    ・限られた時間の中で高パフォーマンスを実現するために努力や試行錯誤をすることが大切

    ■失敗を恐れない
    ・「失敗は成功の基」ということわざがあるように、失敗から学ぶことが大切
    ・失敗を恐れず挑戦することで、成果を上げる道が作られる
    ・失敗を分析し、どうしたら成功できるか試行錯誤する

    ■仲間を大切にする
    ・仲間を大切にすることで、お互いに助け合うことができ、絆が生まれる
    ・誰でも得意、不得意があるので、仲間でそれを補填し合うことで高品質化、効率化ができる

    この5つの心得を基にセルフマネジメントすることで、仕事で成果を出すことができるのです。

    次章では、仕事で成果を出すための方法を紹介します。

  2. 仕事で成果を出すための方法

    仕事で成果を出すための方法は、以下の4つです。

    ■高い目標を掲げて挑戦する
    実現までに努力や試行錯誤が必要な目標でなければ大きな成長は見込めません。
    例えば、運動会の徒競走で1位になりたいという目標と、オリンピックで金メダルを獲得したいという目標では、目標に対する意識は全く別のものになります。
    高い目標があればこそ、成果を出すプロセスに真摯に取り組めるのです。

    ■失敗を恐れずにすぐに動く
    特許の取得などで分かるように、「先に行動したもの勝ち」ということは世の中にたくさんあります。スピードは成功に不可欠なのです。
    失敗を恐れずに早く行動すれば、たとえ失敗して試行錯誤に時間を取られても、早く成果が出せます。

    ■オンオフをしっかり分ける
    仕事の時は仕事に、遊びの時は遊びに、休むときは休むことに集中することが、良い成果を出す近道です。
    オンオフそれぞれに全力で集中すると、仕事の報酬がより楽しく充実した遊びに還元されたり、遊びからアイディアなどが生まれて仕事に還元されたり、遊びと休息が心身を健康にして仕事にやる気が出たりと、良い効果が連鎖します。

    ■正当に評価される環境に身を置く
    成果を出せても、評価されなかったり、学歴や性別で評価が差別されたりしては納得がいきません。
    正当に評価される環境に身を置くことで、成果を出したと実感できます。

    この4つはラグジュアリーでも大切にしているポイントです。

    次章では、アルバイトとしての入社から数年で役員に出世した、ラグジュアリーのデキる人を見てみましょう。

  3. ラグジュアリーのデキる人を紹介

    ラグジュアリーにはデキる人がたくさんいますが、その中でも、アルバイトから始めて、27歳で執行役員兼ゼネラルマネージャーにスピード出世した例を紹介します。

    <スタッフ紹介>
    ■小泉 進哉
    ・2011年に入社し、2017年に27歳の若さで執行役員兼ゼネラルマネージャー、2018年には上級執行役員に就任
    ・「休日のために仕事を頑張るよりも、毎日が楽しくなるような仕事をしたい」と考え、他社の内定を辞退してラグジュアリーに入社
    ・誰にでもできる当たり前のことをひたすらやり続けることと、上の方からいただくアドバイスに対して、素直であり続けることを心がけている
    ・役員となった今でも現場に立ってメンバーと一緒に活躍
    ・いずれは、社長という立場で仕事をすることが目標
    ・「咲かない花はない」という言葉を体現すべく、誰が入ってもみんな幸せになれるような会社にしていきたい

    小泉のインタビューと、他2名のデキる人のインタビューも【こちら】です。

    また、社内の様子はInstagramで見ることができます。

    ぜひ合わせてチェックしてみてください。

  4. ラグジュアリーは仕事の成果を正当に評価します

    仕事がデキる人には、
    ・明確な目標を持つ
    ・優先順位を付ける
    ・効率を意識する
    ・失敗を恐れない
    ・仲間を大切にする
    の5つの心得があります。

    また、仕事で成果を出すためには
    ・高い目標を掲げて挑戦する
    ・失敗を恐れずにすぐに動く
    ・オンオフをしっかり分ける
    ・正当に評価される環境に身を置く
    の4つが大切だとわかりましたね。

    ラグジュアリーには、明確な基準で実力を正当に評価し、頑張りに応じた報酬をしっかり還元する制度があります。
    例えば最短昇格制度「昇格マッハ1!」は、年齢・性別・学歴・職歴は関係なく、仕事の成果が給料に反映されてキャリアアップに直結する評価制度です。
    また、高いモチベーションを保つことができる「L-1 AWARD」では、四半期に1回、営業成績ランキングに基づき、優秀者を表彰しています。
    その他にもたくさんのユニークな社内制度があります。ぜひ【こちら】を見てみてください。

    ラグジュアリーには成果を出し、助け合いながら高め合える仲間がいます。
    ラグジュアリーには、あなたが成果を出し、成長できる職場なのです。
    ぜひ、あなたのエントリーをお待ちしております。

    【関連記事】
    『お金を稼ぐ人の特徴とは?稼ぐ人になるには何が必要か』