ONE TEAM

モバイル
事業部

               
  • 入社前の心境

    入社前は何をしていましたか?
    元々同じ業界であるモバイルショップで働いていました。ところがそのお店が閉店することになったため、経験を活かして同じ業界で働ける職場を探していました。
    LUXURYにどのような印象を持っていましたか?
    LUXURYの求人を見たとき、同じ業界でもより楽しそうな雰囲気の職場だなと感じました。
    そこで「ここでなら前職の経験を活かし、即戦力として活躍できるかもしれない」と思い、選考を受けることにしました。
    どこに魅力を感じて入社を決めましたか?
    前職と同じ業界ですが、仕事のやり方は全然違ったことが、大きな魅力で入社を決めました。

    具体的には、リピーターのお客様も多いのですが、お客様から声を掛けられるのを待つのではなく自分からどんどんアプローチしていきます。
    今まであまりやったことがない接客スタイルでしたが、そこで「私も挑戦してみたい」とワクワクしましたね。

    また、販売した1台・1件からインセンティブが入ってくることが、自分の頑張りが目に見える評価として返ってくるので、モチベーションアップにも繋がっています。
  • 現在の仕事について

    どのような仕事をしていますか?
    携帯電話をはじめとした通信サービスを直接店舗で提案・販売しています。
    今やほとんどの人が日常的に使っているものなので、能動的にコミュニケーションをとり、お客様に寄り添ったご案内しています。
    仕事上で、困難だったことは何ですか?
    今までの仕事は「待ちの営業」だったのが、LUXURYのモバイル事業部は「攻めの営業」だったので、いざ挑戦したものの違いの部分に関しては、やはり苦戦しました。

    お客様に足を止めてもらうための工夫や、はじめの短い時間の中で私の話に興味を持ってもらうにはどうしたらよいかなど、入社当時はこの違いに戸惑うことも多かったです。
    どのようにして困難を乗り越えましたか?
    お客様のタイプに合わせてかける言葉を変えたり、生活スタイルを具体的にイメージしながら提案するなど、自分でやり方を工夫して「攻めの営業」を会得していきました。
    その分お客様とのかかわりの中から学ばせてもらうことも多かったです。

    毎日色々な人とコミュニケーションをとり提案を重ねる中で、お客様を思いやる気持ちやその先の生活を考慮するなど、接客の精度を高めています。
  • やりがい・社風

    どのようなところにやりがいを感じますか?
    頑張って結果を残した分だけ自分の生活も豊かになる評価基準に、やりがいを感じます。

    前職も同じ業界でしたが、LUXURYに入って新たな挑戦をし、仕事への充実感も高まっていますが、実際に生活においても以前より豊かになっているので、日々高いパフォーマンスを発揮できています。
    社内の雰囲気はどんな感じですか?
    『モバイル事業部』だけでなくLUXURY全体に言えることですが、社員同士が非常に仲が良く、良いものはどんどん取り入れ、悪いものは全員で反省し次回に活かすなど、みんなで共有しあえる環境です。

    また、仕事は全員全力全速力で頑張る、プライベートも全力で楽しむという文化があり、良いメリハリがあります。

求職者へのメッセージ

新しいものを常に取り入れ、攻めの営業でどんどん成長!

新しいものに携わり、お客様の日常に彩りを提供できるLUXURYのモバイル事業部は、コミュニケーション力を高めながら積極性も磨ける、私にとってピッタリの職場です。

実際、営業スタイルも変わり頑張った分だけ評価をしてもらえるのでお給料も前職よりもアップしました。

地域に根差して自分とLUXURYのファンをどんどん増やしていく「攻めの営業をしてみたい」と思った方は、“ピッタリ”だと思います!